« ネット論説の取捨選択 | トップページ | 変死事件と第4の権力 »

2007年5月28日 (月)

東條由布子氏出馬の経緯

 月刊WiLL7月号に、東條由布子氏の参院選出馬についての記事が載っているという事を知りました。この人の出馬の経緯には興味があったのですが、Web上ではあまり資料がありませんので、本屋で買って読んでみました。
 記事の一部(出馬の経緯の部分だけ)について概要を紹介します。


2001年参院選
東條氏と政界とのつなぎとなる人物から打診を受ける。
 - どの党でも口を利く、とのこと

自由党にお願いすることに。
 - 小沢氏の地元岩手が東条家とも縁があり、親近感があった。

東條 もし「東條」という名前で出馬すると党にご迷惑がかかるようでしたら、岩浪の姓で出馬いたします。
小沢: 何をおっしゃっているんですか。もう五十年以上もたっています。「東條」という名前で堂々と出られてはどうですか。

公約について -
東條 私は福祉一本でも構いません。
小沢 福祉も防衛も、国民にとっては同じですよ。
東條 (とてもこころの広い方だな、と感じた。)

東條英教(由布子氏の曽祖父)について -
小沢 郷土の先輩として尊敬しています。

 関東ブロックの比例でいかがですか、という話になり、五十万名の署名を集めるように言われた。
 京都の八坂神社で出陣式を行うところまでやったが、署名を集める前に出馬の話が漏れ、保守派のある学者が立候補阻止のため各方面に働きかけた。
「万が一敗北すれば、こちらの陣営の敗北になるから」

 - 結局そのときは話が流れてしまった。


2004年参院選
「政党と引き合わせますよ」という話があり、
 出馬に向けて動き出す。

小沢氏(民主党)に手紙で再度お願いする。
小沢(速達): 事務局に推薦しました。
事務局: 検討する。
~ 1週間後 ~
事務局: 今回は泣いて下さい。その代わり次回は最優先で。
小沢(手紙): 僕は推薦しますが、今は党首ではないので、自由党の枠で推薦しましたが、選対の判断でどうなるかわかりませんので、よく相談してください。

 - 当時の選対委員長は赤松氏(社民党出身)だったので仕方なかった模様


2007年参院選
年齢的に人生最後の賭けだと思って自ら動く。

自民党: ×「寝た子を起こしたくない」
国民新党: ×「年齢制限」
 「党の若返りを目指しているので、三十、四十代を考えている」
 - 実際は東條氏より高齢の候補を公認
民主党: (口利きしてくれた比例候補いわく)
 「東條さんがここで分祀賛成と言えば、民主党は公認するし、100%当選するでしょう。霊璽簿から東條の名を削除する事を了承いただけないと、公認の件はお受けできません」
 だが「相談します」とのこと。
~ 1週間後 ~
 「種々検討の結果、駄目だった」


東條
 安倍首相とも、首相になる前にお話できそうな機会があり、とても誠実に対応して頂いていたのですが、しかし今、私が自民党から出馬するとなれば安倍さんを苦しめる事になると思い、今回は無所属で行くことに決めました。
 無所属であれば遠慮せずに自由に主張できます。「中国に配慮」なんて言っていたら、私の言いたい事は言えなくなってしまう。ただ、無所属の場合は全国区で出られないのです。
 私は全国で講演をしておりますし、東條英機を知っている人が日本中にいらっしゃって、熱い思いを頂いておりますから、全国区の方が都合がよかったのですが、仕方がありません。東京地方区で選挙戦を戦っていこうと思っております。


東条英機の孫 東条由布子さんの話 - 窓のそとは?
http://blog.so-net.ne.jp/phantom/2005-06-18
故東条英機首相の孫娘の由布子さんが大健闘 - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=U-Xf6AZaSys
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ 御訪問ありがとうございました。
こちらのクリックにも御協力いただけると助かります。

|

« ネット論説の取捨選択 | トップページ | 変死事件と第4の権力 »

選挙」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。
発言や主張に賛同するかは別として、御本人の意志とは別に悪用されるような気がしてしょうがない。
それを覚悟の上で出馬なんでしょうけど・・・
やっぱり、今の「市民運動」のままの方が良いような気がします。

投稿: ダイ・グ | 2007年5月28日 (月) 12:08

はじめまして。貴重な情報をありがとうございました。トラックバックの意味も方法もあまり理解していなくて恥ずかしいのですが、このブログを私のブログで紹介してもよろしいでしょうか。

投稿: hizuki | 2007年5月28日 (月) 18:29

コメント下さった方、ありがとうございます。

>ダイ・グ 様
>御本人の意志とは別に悪用
それはあるかもしれませんね。
でも選挙戦を通じて議論が活発になり、歴史認識や靖国についての理解が深まれば、それだけでも意義があるように思います。

>hizuki 様
引用して頂いて構いません。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: 能登守(管理人) | 2007年5月29日 (火) 01:17

TBありがとうございます。
私もダイ・グさんと同じく東條さんは出馬しないほうがよかったのではないかと考えています。
講演会などを通して一般人として語りかけるほうがより多くの賛同を得られるのではないでしょうか。

投稿: asatte_no_houkou | 2007年5月29日 (火) 01:22

TBをいただきありがとうございました。
このトラックバック?の使い方が
いまいち良くわからなかったのですが
最近、ブログの活用方法が
少しづつですが、わかるようになりました。

新しいブログへ引越したのですが
いただいたTBを持っていけず
逆に、こちらへトラックバックさせていただきました。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

投稿: アイサイ | 2007年7月15日 (日) 01:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213411/15220507

この記事へのトラックバック一覧です: 東條由布子氏出馬の経緯:

» 納得 [ダイ・グのGNO2戦記]
元ネタ そういえば、何回か出馬するという噂を聞いた記憶はあったが・・・ 実際には、なんだかんだで出馬できなかったんですね。 しかも、無所属で出馬する事を最初から考えていたのではなく、受け入れてくれそうな政党から断られていたとは・・・ そこまでして出馬する必要があるのかな〜?と思いがやっぱり強い。 やっぱり「東條」という名字は、未だに各方面に影響があるという事の証明か? でも、個人的にはだからこそ「出馬」しない方が良いと思う。 主張することの内容はともかく、本人の意志とは別に「利用される」可能性が高... [続きを読む]

受信: 2007年5月28日 (月) 12:03

« ネット論説の取捨選択 | トップページ | 変死事件と第4の権力 »