« 米加における慰安婦決議案の続報等 | トップページ | 田中真紀子氏とペマ・ギャルポ氏(国民新党) »

2007年5月26日 (土)

天木氏出馬とその後の東京選挙区

天木氏「9条ネット」から比例区出馬
http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20070524-203311.html
 元レバノン大使で外交評論家の天木直人氏(59)が、今夏の参院選比例区に政治団体「9条ネット」から出馬する意向を固めたことが23日、分かった。「9条ネット」は憲法改正の阻止を唯一の公約とする政治団体で今年2月に発足、比例区の名簿作成に必要な10人以上の擁立を目指している。関係者によると、天木氏は「普段は政治と距離を置いている人でも、憲法を変えたくないという人はたくさんいる。そんな人たちの声を吸い上げたい」と話しているという。

 天木氏は03年、小泉前首相あてにイラク戦争反対の公電を送ったことが問題となり、追われるように外務省を辞めた。ベストセラー「さらば外務省!」(講談社)の著者としても知られる。05年の衆院選には小泉前首相の外交姿勢を批判し、前首相の選挙区・神奈川11区から立候補も落選。安倍首相が参院選で憲法改正の争点化を狙う中、「憲法を絶対に変えてはいけない」と出馬を決意したという。


 9条ネットは、新社会党みどりのテーブルと関係の深い団体との事ですね。それなりの組織力があるのかもしれません。天木直人氏と言えば著作がベストセラーだったそうですが、そちらは読んだ事がありません。ブログは時々拝見していますけど、現政権への痛烈な批判が多いようで、ネット上ではその内容が引用されるところもしばしば見かけます。ランキング上位を保てるだけのファン層がいることですし、比例代表なら護憲リベラルとアンチ小泉(?)の票をそこそこ集めるのではないでしょうか。

さらば外務省!私は小泉首相と売国官僚を許さない - 天木直人
[公式] 天木直人のブログ - 日本の動きを伝えたい

 正直なところ専らの興味は東京選挙区。
 9条ネットは、東京選挙区の川田龍平氏も応援しているようですね。9条つながりで天木氏との相乗効果はあるのでしょうか。公認・推薦はされないようですが、川田氏もそれなりに充実した選挙戦の態勢を作り上げている様子。ネット上での活動も盛んなようですし、こちらも善戦が期待できそうです。

東京・「川田龍平を応援する1000人集会」 - 9条ネット
http://www.9jo-net.org/
龍平日記ー命・人権・平和のための教育と政治Blog
http://blog.so-net.ne.jp/Ryuhei_Kawada/
「動けば変わる」~川田龍平さん支援集会に600人 - レイバーネット

http://www.labornetjp.org/news/2007/1179670051343staff01

 東京選挙区、護憲派は選択肢が豊富で選び甲斐がありそうですね。
 最後に毎日新聞のまとめ記事を引用しておきます。
 和合秀典氏の名前が加わりました。詳しくは知りませんが、もしかしたらこの方でしょうか・・・。うーん、何と言いますか、さすが東京。

07参院選・東京:5議席争う 主要政党候補出そろう /東京
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/tokyo/news/20070523ddlk13010079000c.html

 ◇知名度のある無所属、諸派も混戦は必至

 今夏の参院選東京選挙区(改選数5)は、元テレビ朝日アナウンサーの丸川珠代氏(36)が22日に出馬を正式表明したことで、主要政党の有力候補がほぼ出そろった。自民、民主両党が現職と新人の2人、公明、共産、社民の各党が1人で、計7人の候補を立てる見通し。他に無所属や諸派で5人が出馬の意向を示しているほか、知名度のある人物の名前も挙がっており、多数の有力候補が入り乱れて争う混戦となりそうだ。

 同選挙区は今回から改選数が4から5に増えたため、民主党は早くから2人の候補を擁立。自民党も「不戦敗には出来ない」と、現職の保坂三蔵氏(68)に続く2人目の擁立を目指した。

 組織票を二分するだけでは共倒れの危険もあることから、知名度があり、浮動票を多く獲得できる人物を前提に人選が進められた。

 この日、党本部で記者会見した丸川氏は落ち着いた様子で、「私は決してものすごく知名度があるとは思っていない。少しでも多くの方に、こういう人間が政治にかかわろうとしていることを知ってほしいだけです」と述べた。

 民主党は現職の鈴木寛氏(43)に加え、元都議(東京・生活者ネットワーク)の大河原雅子氏(54)を擁立した。04年参院選では、新人で元報道キャスターの蓮舫氏(39)を擁立し、現職と合わせて約190万票を集めて2人とも当選しており、「前回並みの得票を目指す」と話している。

 一方、公明党は現職の山口那津男氏(54)の1人を立て、手堅く組織票をまとめる作戦。共産党は新人で党役員の田村智子氏(41)で、01年参院選以来の議席獲得を目指す。社民党も新人で弁護士の杉浦ひとみ氏(50)を擁立、憲法改正反対などを掲げて巻き返しを図る構えだ。

 一方、無所属や諸派でも知名度のある人物の名前が出ている。すでに元HIV訴訟原告団で大学非常勤講師の川田龍平氏(31)や、東条英機元首相の孫、東条由布子氏(68)が立候補を表明。都知事選に出馬した建築家の黒川紀章氏(73)や前長野県知事の田中康夫氏(51)の名前も挙がっており、動向が注目される。【中村牧生、夫彰子、木村健二】

==============

 ◇東京選挙区の立候補予定者◇

保坂三蔵  68 党都連会長代行(2) 自現
丸川珠代  36 元アナウンサー    自新
鈴木寛   43 前党NC文科相(1) 民現
大河原雅子 54 元都議        民新
山口那津男 54 党政調会長代理(1) 公現
田村智子  41 党都副委員長     共新
杉浦ひとみ 50 弁護士        社新
川田龍平  31 大学非常勤講師    無新
鈴木信行  41 党都本部代表     諸新
東条由布子 68 NPO理事長     無新
又吉光雄  63 党代表        諸新
和合秀典  65 党代表        諸新

毎日新聞 2007年5月23日

続報:
 黒川紀章氏も追加だそうで。この方は当落はともかく、話題作りで選挙戦を盛り上げてくれそうで楽しみです。投票率を少しでも上げていただけるよう期待しております。

参院選:黒川紀章氏出馬へ 東京選挙区に
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/news/20070525k0000m010136000c.html
 建築家の黒川紀章氏(73)は24日、毎日新聞の取材に応じ、参院選東京選挙区(改選数5)に自ら党首を務める共生新党公認で立候補する意向を明 らかにした。同党は比例代表でも10人程度を擁立する方針で人選を進めており、近く正式に発表する。黒川氏は「東京では(出馬して敗れた)都知事選の続き ができる。東京と地方の格差是正、耐震対策を提言したい」と理由を語った。

 黒川氏は「メタボリズム(新陳代謝)」と呼ばれる建築運動を展 開して国内外で活躍。今年1月、東京・六本木にオープンした国立新美術館の設計も手掛けた。石原慎太郎知事(74)の都政を批判し、4月の都知事選に同党 を旗揚げして立候補。約16万票を得たが4位で落選した。【木村健二】

毎日新聞 2007年5月25日 3時00分

|

« 米加における慰安婦決議案の続報等 | トップページ | 田中真紀子氏とペマ・ギャルポ氏(国民新党) »

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213411/15196360

この記事へのトラックバック一覧です: 天木氏出馬とその後の東京選挙区:

» 9条ネットは敵か味方か? 天木直人さんの選択 [2007 参院選での社民党躍進を祈るブログ]
新社会党を中心として護憲勢力が新しい政治確認団体9条ネットを作り、参院選に比例区候補者を擁立すると発表しています。私は少数派になりつつある護憲派がさらに、分裂することには批判的なのですが、先日、元レバノン大使で小泉前首相あてにイラク戦争反対の公電を打電したことで外交官を追われた天木直人さんが9条ネットから比例区に立候補するという報道がありました。 私の立候補宣言ー憲法9条の心に火をつけて見せる (天木直人のブログ 2007/5/25) 来ならば今こそ護憲政党が憲法9条の前にひざまずき、一致団... [続きを読む]

受信: 2007年5月27日 (日) 09:35

« 米加における慰安婦決議案の続報等 | トップページ | 田中真紀子氏とペマ・ギャルポ氏(国民新党) »