« 田中氏比例出馬など | トップページ | 普賢岳大火砕流から16年 »

2007年6月 2日 (土)

激動の政局を笑うのは…

- 現状での受益者はどんな勢力?

 ほんの1・2週間ばかり前、新聞の社説などは憲法論議ばかりだったように思いますが、短期間に大きな問題が立て続けに起こり、世間の空気は一変しました。
 年金問題も大きかったとは思いますが、全ての国民が衝撃を受けたのは、やはり前農相の事件でしょう。このショックにより、憲法改正の話はすっかり勢いを失った観があります。

 参院選は、憲法を争点化できるのでしょうか。もしそうでない場合、9条ネットや共産党は存在感が薄くなり、選挙戦で不利になるかもしれません。

 もちろん一番ダメージが深刻なのは自民党です。とは言え党内政局で考えた場合、選挙に負けて困るのは安倍総理を中心とした現在の主流派です。それ以外の、自民党内で政権交代を望む非主流派は、この展開を歓迎し、選挙後に備えた勢力争いを活発化させているのではないでしょうか。
 仮に安倍内閣が退陣するとして、それが「失脚」という形だった場合、次の自民党総裁は安倍総理と考え方の近い人を擁立できるものなのでしょうか。安倍氏を降ろして麻生氏や中川氏を立てるべきと考えておられる右派系論客もおられるようですが、今の流れで行くとそれは難しいように思います。安倍政権とは全く違う方向性の新政権が誕生するかもしれません。

 また、前農相追及の前面に立っていた民主党・社民党などは、「自殺に追い込んだ」との批判も一部からは受けますので、必ずしも選挙で有利な状況ではないと思います。その影響の大きさも予想がつきません。

 ところで、私は前農相が自殺したとは信じておりません。自殺だとしても、少なくとも自発的なものではなく、何かのネタにより脅迫・強要されたのではないかと疑っています。

・ 憲法9条を選挙の争点にしたくない勢力
・ 農相が自殺しても被害を受けにくい勢力
・ 自民が大勝すると影響力が弱くなる勢力
・ 安倍政権下では活動が制約される勢力
・ 世論がどう転んでも安定した組織票を動かせる勢力
・ 政治不信による投票率低下を招きたい勢力
・ 裏の世界に繋がりを持っている勢力

 この辺を総合すると、何となく背景が見えてくる気がします。明確な証拠の無い陰謀論に過ぎませんが、世論が大きく傾く時はマスコミが威力を発揮しているのも事実です。マスコミが特定勢力の宣伝機関である事はもはや常識。一方的な報道には疑いの目を向けた方が良いと思っています。


改憲争点化、内容次第で協力困難に 参院選で公明代表
http://www.asahi.com/politics/update/0527/TKY200705270163.html

創価学会の公明党がボツボツ自民党と距離を置きだした - 風通庵-直言
http://blog.goo.ne.jp/fuzu-fuzu/e/ebf55d3f033b1d599d4fae1cce650089

2007年参院選候補予定者一覧
http://www.eda-jp.com/dpj/2007/2007s.html

|

« 田中氏比例出馬など | トップページ | 普賢岳大火砕流から16年 »

事件」カテゴリの記事

報道」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213411/15284810

この記事へのトラックバック一覧です: 激動の政局を笑うのは…:

» 創価「メディアもか」! [博士の独り言]
ランキング(政治)に参加中 メディアが「おかしくなる」要因!NHK、記者とアナウンサー処分 住居侵入と強制わいせつ  今年3月、NHK報道局経済部の男性記者(32)が住居侵入の現行犯で、5月に放送総局の男性アナウンサーが(... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 08:13

« 田中氏比例出馬など | トップページ | 普賢岳大火砕流から16年 »