« 護憲派候補 東京 | トップページ | 参院選公示日 »

2007年7月11日 (水)

改憲派候補 東京

 今回は改憲を強く主張する2候補について所見を無責任に述べてみます。

「憲法9条を改正すべき」と主張しているのは、候補乱立の東京にあってこの2人しかいません。二人とも「軍保有を明記すべき」としている点も興味深いです。

 偏りの激しい日本のマスコミですら隠蔽できずに「右傾化を心配」してみせる程に、日本人の民族意識は高まっています。ベストセラーとなった「マンガ嫌韓流」に代表される特定アジアへの警戒気運の高まりも、昨年の小泉首相による靖国参拝の盛り上がりも、前回の選挙時には無かった要素です。憲法論議や教育関連法、慰安婦問題を巡って、右と左で激論が交わされたのも最近の出来事です。

 そして安倍政権の10ヶ月は、良くも悪くも戦後からの脱却に向けて、大きな実績を上げました。マスコミの扇動により冷静に判断できない人が多いよ うですが、良し悪しを別にすれば歴史に残る大改革を成し遂げつつあることは衆目の一致するところでしょう。ここまでの激動は、近年例を見ないもので、選挙 への影響も予測のつかない事が多いはずです。

 しかし、選挙予想を書く評論家諸氏は、過去の選挙の傾向や政局の趨勢、地盤の地上戦力や世論調査等を元にした事務的、政治屋的な予想に留まり、近年の民族意識の高まりや安倍政権の真の評価が計算に入っていないように見受けられます。

 具体的な数字に出来ない要素や、過去に例のない事例の影響は、イメージでしか表現できないため、根拠として採用できず、プロの立場では無難な予想記事しか書けなくなってしまうのでしょう。それは仕方の無い事です。だからこそ、今回に限っては評論家の予想通りにはならないと断言できます。

 だから特定勢力が有利になる、と言うつもりはありません。しかし、とにかく評論家諸氏の予想とは違う動きになるでしょう。東京の土地柄と5人区の特性により、特に5位が誰になるかは全く確信が持てません。どこの陣営も戦い方次第で当選する事はできるはずです。

 なお、どんなにアンチが多くても、熱心な支持者が一定数いれば当選するのが選挙です。5人区ならば、80%の有権者に嫌われた候補者でも20%の支持を取り付ければ必ず当選します。人前で本音を話せない環境にいる人でも、投票行動は遠慮なくできますから、「嫌ってる人が多い」などと言う評判は意外とマイナスにはならないのです。とにかく他と違う特長をアピールし、一部の「熱心な」支持者を集めれば、結果もついてくるでしょう。


 鈴木信行 (維新政党・新風
http://blogs.yahoo.co.jp/ishinsya/

・東京学館高等学校中退
・新風事務局長、東京都本部代表、機関紙編集
・建設工事会社取締役
靖国神社清掃奉仕有志の会代表

ネット上で熱狂的な支持者を増やしている維新政党・新風
「人気blogランキング」政治部門では上位ランクのブロガーの多くが応援しているようですが、マスコミ等の露出は殆ど無いため、一般有権者への浸透は進んでいない模様です。
人気を博しているサイト「極右評論」の瀬戸氏(比例)と違って、鈴木氏個人の知名度は高くないため、東京選挙区の候補乱立の状況下では埋没している印象です。

新風は過去の実績で東京では1万票余りしか集められていません。追い風があったとしても、比例はともかく選挙区は今回も厳しい戦いになるでしょう。

しかし久間氏の原爆発言の弾圧に見られるように、核がタブー視される空気の中、核武装を前面に押し出す活動は、本来ならひときわ目を引くもののはず。メディアでの扱い次第で大きな流れが起きる可能性はあると思います。

JANJANの候補者情報

◇新風を応援しているブログ等
この国は少し変だ!よーめんのブログ
暇人凸撃隊
Empire of the Sun太陽の帝国
東洋の魔笛
或る浪人の手記
がんばれ新風 応援団ブログ
大東亜戦争の真実を伝えたい便利屋の戦史家
西村真悟と行動する「真悟の会・堺」
皇国史観研究会
子供達の未来
ねこプラどんぶり
Flight to Freedom/神の国へ…
トラクターの上から
Independence JAPAN

「日本の夜明け」

小説以外にも語りたい!

愛する祖国 日本

KAZUHIRO.SWIM

明日へ架ける橋

流れものの独り言
NewsWiki
NPO外国人犯罪追放運動 宣伝総局

亜細亜会議

マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会

トゥアルーザー経典

フッキーの考察(仮

国ヲ愛ス ~佐倉のページ K10DとForzaで日本を旅する~

女をなめたらいかんぜよ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

知らされなかった日本
歴史と日本人―明日へのとびら―
李下で冠を正す
侍蟻
新しい風を求めてNET連合


 東条 由布子 (無所属)
http://www.tojo-yuko.net/

明治学院大学社会学部社会福祉学科中退
国士舘大学文学部教育学科卒業
・中学校(シンガポール)日本語教師、
 世田谷区社会福祉協議会ガイドヘルパー、
 東京保護観察所保護司など経て
 NPO法人「環境保全機構」理事長

・東條英機元首相の孫娘

東条氏は新風ともつながりがあり、新風関係者との間で交渉もあったと聞きますが、各種事情により別々に立候補する事になったようです。東京での候補を一本化できなかったのは、方向性の近い両者にとって痛いところでしょう。

昨年は小泉首相の靖国神社参拝に絡み、メディアに登場して注目を集めた東条氏ですが、出馬表明以降は殆どマスコミでは触れられていないようです。東條英機元首相の知名度は抜群で、他の候補と比べると東条氏も比較的知名度は高いのですが、本人よりも「東條英機の孫」という、看板だけが一人歩きして評論される傾向にあるようです。真価が理解されれば支持を得られそうなのですが。

内外において歴史問題の摩擦が多い昨今、タカ派と期待されていた安倍総理の穏やかな対応に不満を持つ層がいるようです。日本人の誇りや文化を守るために果敢に発言する東条氏は、不満の受け皿になりうるでしょう。増して政治不信により自民党の看板に拒否感が高まれば、普段自民に投票している層から流れ込む票も少なくないはずです。
問題は組織の弱さ?と、自民党が2候補になって、自民支持層内でも棲み分けが進む事と、国民新党が別の受け皿になる事でしょうか。厳しい見方の予想が多いですが、2004年に拉致被害者家族連絡会の増元氏が38万票集めた例もあります。冒頭に書いたような状況を踏まえれば、当落線に踊り出る可能性は高いと思います。もし投票日までに有権者の民族意識が刺激されるような事が起これば尚更です。

出馬の経緯

JANJANの候補者情報(動画あり)

リアヨロ!「東條由布子氏、参院選出馬」調査結果


ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックでランキングに御協力いただけると助かります。
最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

|

« 護憲派候補 東京 | トップページ | 参院選公示日 »

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213411/15724420

この記事へのトラックバック一覧です: 改憲派候補 東京:

« 護憲派候補 東京 | トップページ | 参院選公示日 »