« ノーサイド | トップページ | 総理辞任は公約違反に近い »

2007年7月30日 (月)

開票速報雑感

旧自民を否定して安倍氏を肯定?


 与党惨敗という結果になった参院選ですが、個人的な印象では安倍総裁の負けではないと感じます。

 象徴的なところでは、まず郵政復党の衛藤氏が当選し、復党問題の禊を果たすとともに、安倍人脈の肯定を印象付けました。
 また、東京選挙区では現職が落ちた代わりに総裁の推した丸川氏が当選した他、比例代表では拉致問題担当首相補佐官、「ヤンキー先生」、「行列のできる弁護士」などのいわゆる「安倍チルドレン」が当選を果たしました。拉致問題への対応、教育再生、防衛省昇格やイラク対応などは支持されたという見方もできます。

 一方で、NHKの改革に否定的だった参院幹事長や、四国で総理を激しく批判して応援演説を受けなかった現職など、旧態然とした自民党色の濃い参院自民、小泉流に言うところの「抵抗勢力」が駆逐されました。

 候補擁立の段階で、当初総裁からは当選回数の多い現職を下げて新しい候補者を立てる方針が示されたものの、旧参院自民側との折り合いが付かず、多くの現職がそのまま立候補する形になったと聞いています。もし総裁の意向どおり、若返りを図っていたならば、また違った結果が出たのかもしれません。

 所詮は結果論に過ぎませんが、党内政局においては安倍氏を中心とした新自民の改革勢力が、既得権益にすがる(?)守旧派の参院自民を打ち負かした形である、と勝手に分析しておきます。自民党全体は敗北したものの、自民党内では安倍カラーの改革路線が勝利した事で、党内における総裁の発言力は強まったのではないでしょうか。(舛添氏がアレですが。)

 党内の膿を出し、新しい安倍自民党として生まれ変わるなら良い事です。元々問題の多かった党幹事長の後任人事等が気になるところです。

 NHKのインタビュアーが選挙戦における総理の言質や橋本元総理の例を持ち出して、執拗に安倍総理の進退問題を質問していましたが、この辺のマスコミに よる政治支配の企みは忌むべきものです。制度上、参院選は政権選択選挙ではありません。誤った認識を国民に植え付けようとするのは宜しくありません。(敗戦責任は身内の問題です。少なくとも自民党支持者以外には発言権はありません。 )

 立法府の趨勢に変化はありましたが、総理が原理原則を貫き、引き続き安倍カラーによる行政を担う事で、第4権力の強制力が少しでも衰退する事を願っていま す。


 特に印象に残ったのは、やはり東京選挙区。私の推した候補者は伸び悩んでしまい非常に残念です。選挙戦におけるメディア露出が殆ど無かったのが痛かったですね。

 川田氏が想像以上に伸びた事、民主現職よりも生活者ネットワークが多く得票した事など、興味深い動きがありました。民・公・自・民・自の既成政党路線ではなく、無所属候補が滑り込んだ事は好意的に捉えています。しかし、都知事選と対照的に革新系勢力が保守系勢力を圧倒した、という点を捉えると、3ヶ月でのメディア誘導の凄まじさに呆れるばかりです。
 安倍氏の送った刺客が保坂氏を倒した事だけは、ある意味予想通りになりました。

 9条ネットと新風には、それぞれ存在感を示して欲しかったのですが、期待したほど伸びませんでした。個人的には既成大型政党が極端に伸びるよりも、新しい血を良識の府へ入れたほうが意義があると思っていただけに残念です。

 副産物として、公明党の議席が減った事は嬉しく思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックでランキングに御協力いただけると助かります。

|

« ノーサイド | トップページ | 総理辞任は公約違反に近い »

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213411/15945045

この記事へのトラックバック一覧です: 開票速報雑感:

« ノーサイド | トップページ | 総理辞任は公約違反に近い »