« 「責任」を歪めた戦後体制 | トップページ | »

2007年8月 2日 (木)

他人事にはノリの軽い米国

 慰安婦問題に関する米国下院の対日非難決議案騒動を見ていて感じた事は、米国人が他国の歴史について無頓着で無配慮だと言うことです。

 差別的な言い方になりますが、やはり数千年の歴史を持つ民族の国と、数百年の歴史の移民の国では、自国の歴史への想いに感覚の違いがあるのは仕方が無いと思います。その上、一応は正義と自由と祖国を愛する国民性で、今では世界の警察を自称する国家ですから、自国の価値観を他国に押し付ける事に慣れてしまって、相手国の気持ちなど気にも留めないという事なのでしょう。

 セットで日本に感謝する決議でも出せば、バランスが取れるだろうなどと本気で思っているようですから間違いありません。実に呆れたものです。

 何にせよ、彼らにとっては日本の真実はどうでも良く、日本人にとって重大な歴史問題に介入しているという意識が希薄なのだと思います。逆に言えば、殆どの米国の国民にとっては、日本軍が過去に何をやっていたかなどには関心が無いのでしょう。決議案が採択された事で、米国の国民の意識に、捏造された日本軍の悪行が擦り込まれる、と言う心配は杞憂であると思います。そもそも、以前から性奴隷という扱いで米国の教科書に載っているようですから、今回の決議が採択されただけで歴史が確定されたかのように騒ぐのは間違いです。

 そういうわけで、「慰安婦問題について日本が追い詰められている」との強迫観念に苛まれる必要はありません。歴史認識については、今後も粘り強く情報を発信して、第三者が客観的な判断をできるように働きかけていくべきでしょう。

 大切なのは事実を積み重ねる事です。

 また、彼らがあくまで軽いノリの自己満足で動いているという一面も、忘れない方が良いと思います。(ただの反米を煽っても何ら効果はありません。)

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックでランキングに御協力いただけると助かります。


関連リンク

【マスコミ】 「慰安婦問題、朝日新聞の捏造」と識者…慰安婦決議、「朝日新聞以外」の主要紙は米に猛反発
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1186053336/

【米国】下院外交委員会、対日礼賛決議案を可決…慰安婦決議とバランス、同盟の重要性を確認[07/08/01]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1185942052/ 

|

« 「責任」を歪めた戦後体制 | トップページ | »

国際」カテゴリの記事

歴史問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213411/15985718

この記事へのトラックバック一覧です: 他人事にはノリの軽い米国:

« 「責任」を歪めた戦後体制 | トップページ | »