事件

2007年6月29日 (金)

焼失した二世紀弱

日本の歴史・文化を守る事は日本を守る事につながります

Photo_2

 川崎市麻生区で神社の拝殿と本殿が全焼した放火事件は、信仰的・地域的・個人的に繋がりも無い私でさえ、何とも寂しい気持ちになりました。地元の方やお参りした経験のある方の落胆は、いかほどのものだったでしょうか。

 日本人的な感覚として、神社など燃やしたら罰が当るような気がして、とても実行できるものではないと思うのですが・・・。

 大勢の人たちの信仰の対象としての重みも勿論ですが、180年もの歴史的な重みは、たとえ莫大な財力や最先端技術があっても元に戻す事はできませんし、新たに同じ価値の物を作り出すこともできません。歴史的な重みのある建造物は、信仰を超えて地域の人の団結力の源泉の一つになっていると思います。これを壊す事は地域の人たちへの裏切り、ひいては地域の集合体である日本を傷つける行為です。(実際、東京在住の無宗教な私の心もダメージを受けました。)

 木造の寺社仏閣は日本中に無数に散在していますが、同じような管理体制のものは、その気になれば悉くを一晩で破壊する事が可能だと思います。そのような事態になれば、多くの人が心の拠り所を失うだけでなく、地域の文化的価値や経済が被る損害は計り知れないものになるでしょう。ですから日本に対して悪意を持った勢力が破壊活動を行うには、有効な目標となりうると思います。
 再発防止のために施策を講じていただきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックでランキングに御協力いただけると助かります。


記事引用

神社全焼:放火の51歳男を逮捕 親類に恨み 川崎
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070627k0000e040045000c.html
 神奈川県警麻生署は27日、住所不定無職、秋山洋一容疑者(51)を放火容疑で逮捕した。

 調べでは、秋山容疑者は26日午前11時50分ごろ、川崎市麻生区王禅寺の琴平神社の拝殿にライターで火をつけ、木造の拝殿と本殿計約140平方メートルを全焼させた疑い。「軒下に火をつけた」と容疑を認め、以前この神社に勤めていた親類に恨みがあったと話しているという。秋山容疑者は16日に刑務所を出たばかり。

 焼失した拝殿は江戸時代後期の1826年建立で、天井には花鳥山水を描いた63点の絵があった。【杉埜水脈】

毎日新聞 2007年6月27日 12時00分


関連リンク

ようこそ!琴平神社へ
http://www.kotohirajinja.com/
琴平神社参拝 - msnみんなの国内旅行記
http://4travel.travel.msn.co.jp/e/msn/traveler/emuemu/album/10120753/
琴平神社の紹介
http://www.komazawa.net/HP1/kouza_hp/konnpira/Daikann.htm
麻生の琴平神社本殿・拝殿全焼 火の気なく 不審火か
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20070627/CK2007062702027526.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

一つの終焉

食肉偽装 暴落した中国産カモ肉も混入 鳥インフル流行時 - 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070625-00000022-maip-soci

 ミートホープ事件、いろいろな偽装を施していたそうなので当然ありそうだとは思ってましたが、ここまで来ると本当に怖いです。

 社会のモラル低下を感じさせる事件が続いて気が滅入ります。

 ミートホープの一連の事案は嫌な話でしたが、対応が取られた事と、社会への注意喚起になった事で一定の効果があったわけですから、「発覚した」という事自体を前向きに受けとりたいと思います。バレずに続いていたらもっと嫌ですからね。食肉業界と言えば、あっち関係の黒い背景を思い出します。氷山の一角なのでしょうけど、これが教訓となり、少しでも業界が健全な方向へ向かう事を望みます。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックでランキングに御協力いただけると助かります。


記事引用
食肉偽装 暴落した中国産カモ肉も混入 鳥インフル流行時
6月25日16時56分配信 毎日新聞

 中国で鳥インフルエンザが流行した時期に価格が暴落した中国産カモ肉を北海道苫小牧市の食品加工卸会社「ミートホープ」が大量に仕入れ、牛などのひき肉に混ぜていたと24日、同社元幹部が毎日新聞に証言した。毎日新聞が入手した同社の内部資料には牛ミンチにカモ肉を混入したことが記録されている。同社がコストを下げるため、なりふり構わず格安の原料を探していた様子がうかがえる。この日、道警苫小牧署などは、同社本社と汐見工場など約10カ所を不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で家宅捜索した。【金子淳】
 元幹部によると、中国産カモ肉は通常1キロ当たり500~600円程度だが、04~05年ごろに中国で鳥インフルエンザが流行した影響で相場が暴落した。元幹部は「そのころ、1キロ当たり30~50円程度で数十トン単位で仕入れ、牛などのひき肉に混ぜて偽装していた」と証言した。
 同社は10年以上前からミンチに水を混ぜて増量したり、化学調味料で味をごまかしていたという。元幹部は「社長はどんな肉でも無駄にせず、何でもひき肉に入れていた」と話した。
 内部資料は工場長が作成した「投入原料日報」(06年7月)で、そこには「牛ダイヤ」と呼ばれるミンチの原料欄に「カモササミ」と記載されている。同社の牛ミンチを使った牛コロッケからは、鶏のDNAが確認されている。


ミートホープ/農水相「厳正な措置」
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000000706240004
田中社長仰天発言「消費者にも問題」…ミンチ偽装で強制捜査
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070625-OHT1T00007.htm
冷凍食品の賞味期限 ミート社が改ざん認める
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/33802.html
ミートホープ 肉に着色、水で増量か 偽装の実態が日報から次々
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/33982.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

悪戯小僧ではなくテロリスト

山陽道投石で逮捕の高校生3人、自販機を爆破…置き石も
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070622i301.htm

 恐ろしいニュース。記事中の3人組の行為は度を越して悪質です。もし実際に最悪の事故が起こった場合、どうなるのでしょうか。高速道路の事故にしても、鉄道の事故にしても、大勢の人命が危険に晒されるだけでなく、交通機関が機能しなくなると広範囲にわたる経済的な被害もあれば、必要な人員・物資等が移送できない事による二次的な危険が生じることもあるでしょう。社会不安が増大するのも問題です。

 未然に防げれば良いというものではなく、再発させないためには対策が必要だと思います。インフラに対する破壊活動は地域住民や国民全体に対するテロ・反逆です。器物損壊や傷害・窃盗などのカテゴリとは別に、凶悪なテロ行為には重罰を与えられるようなしくみが必要ではないでしょうか。

 稼動中の電線や水道の資材を盗んだり、側溝の蓋やガードレールを盗んだりするのも、同種のテロとして処罰して欲しいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックでランキングに御協力いただけると助かります。


記事引用

山陽道投石で逮捕の高校生3人、自販機を爆破…置き石も

 岡山県和気町の山陽自動車道で、走行中の車に投石したとして器物損壊容疑で6月に逮捕された同町の県立高1年の男子生徒3人(いずれも16歳)が、県警の調べに対し、JR山陽線への置き石や、カセットコンロのボンベを使って自動販売機を爆発させるなど計十数件の犯行を自供していることが21日、わかった。

 県警は、JR山陽線で昨年11月に起きた置き石事件について、22日にも3人を列車往来危険容疑などで再逮捕する。3人は「面白半分でやった」などと供述しているという。

 調べによると、3人は昨年11月28日午後7時30分ごろ、同町のJR山陽線和気―熊山間で、上下線の線路上に石を置き、列車の往来を妨げた疑いが持たれている。上下線とも列車が通過したが、乗客ら計約80人にけがはなかった。
(2007年6月22日3時3分  読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

鬼畜日本人?それとも?

「中国の女子楽団員、ストーカー被害!国交記念事業の来日中ホテルで」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070613-00000004-rcdc-cn

 こんなニュースが出てきました。犯人は名前が出てこないものの、記事中には日本人と書いてあり、困った事をしてくれたな…と思っていました。しかし、掲示板で徐々に新たな事実が発覚、話は予想とは違った方向に。

・中国発のニュース(南京の夕刊紙「金陵晩報」)
・ホテルは事件を否定(ホームページでもその旨掲示)
・プロモーション担当も事件を否定
・大騒ぎするはずのネタなのに日本のマスコミが全く報道しない
・警察からの発表なし
・ホテルには監視カメラなどない
・犯人の実名が出てこない

 という事で、掲示板では「中国における国内向け捏造」との見方が強まっています。国内のガス抜きのための反日ネタとか。中国はこの手の宣伝は昔から得意ですしね。

【大阪】「紫鳳中国女子楽団」ストーカー事件、ホテル側・プロモーション会社、事件を全面否定
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1181728359/

 事実無根ならば暴行の被害者もいないわけで、それはそれで良いことですが、対日感情が悪くなって中国人による日本人相手の犯罪を誘発したりするのも困りものです。

 果たして真実は、中国側による捏造でしょうか、それとも日本側関係者による揉み消しでしょうか。
 残念ながら、続報が出てきて真相が明らかになる事はなさそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックでランキングに御協力いただけると助かります。


元記事全文

6月13日9時58分配信 Record China

日中国交35周年の文化交流として今月5日から来日公演をしている「紫鳳中国女子楽団」が、来日直後に性的被害に遭っていたことがわかった。犯人は日本人の男2人で、警察に逮捕された。
2007年6月12日、中国での報道によると、日中国交35周年の文化交流事業の一環として今月5日に来日し、各地で巡回公演をしている中国民俗音楽の「紫鳳中国女子楽団」が、来日直後に性的被害に遭っていたことがわかった。犯人は日本人の男2人で、警察に逮捕された。

同楽団はまず神戸で初演を行った。好評のうちに公演を終え、9日、次の公演地の大阪入りし、南港のハイアットリージェンシーホテルに宿泊した。事件はここで起こった。実は神戸での公演を聞き、その直後、彼女たちの移動する車の後をつけ、ストーカー男2人が追いかけてきていた。団員が泊まる部屋のすぐ前に自分たちも部屋を取り、その夜、押し入ったのだ。団員はフロントに通報、駆けつけた従業員に男は「酔って部屋を間違えた」と言い訳し、自分の部屋に戻った。ところが…

翌朝、朝食に出ようとした団員2人がドアを開けた途端、男らが部屋に押し入り、うち1人はベッドに押し倒され、服を破られたという。幸い、ホテルの従業員が監視モニターでチェックしていたため、即刻駆けつけ事なきを得た。ホテルのマネージャーは事を荒立てたくないと示談を申し入れたが、楽団側は警察に通報し、2人の男は逮捕された。

同楽団は京都、名古屋、東京など各地で巡回公演し、今月25日に帰国する予定(翻訳・編集/WF)


参考リンク
ハイアットリージェンシーホテルはこれがウソなら中国メディアを名誉毀損で訴えてくださいね。
- worldwalker's weblog (・∀・)! Powered by アメブロ

http://ameblo.jp/worldwalker2/entry-10036563444.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

普賢岳大火砕流から16年

大火砕流の犠牲者慰霊 普賢岳、惨事から16年
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kyushu/20070603/20070603_003.shtml
 43人が死亡した長崎県の雲仙・普賢岳大火砕流から3日で丸16年となり、ふもとの同県島原市で犠牲者の冥福を祈る慰霊行事があった。

 犠牲者全員の名前を刻んだ同市仁田町の慰霊碑前で市民らが献花。参列した吉岡庭二郎市長は「惨事から16年たったが、わたしたちの心の傷は癒えていない。今年11月には島原市で火山都市国際会議が開かれるので、教訓を世界に発信し、復興のばねにしていきたい」と報道陣に話した。

 午後には火山都市国際会議の事前行事としてジャーナリストの江川紹子さんが講演。大火砕流が起きた午後4時8分にはサイレンを鳴らし、防災無線で市民に黙とうを呼び掛ける。

 大火砕流は1991年6月3日に発生。警戒中の消防団員や報道関係者らが巻き込まれた。
=2007/06/03付 西日本新聞(九州ねっと)=

http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1180855903/


 16年前ですか、モデムを使ってた頃の遠い記憶です。
 天災そのものを止める手立てはありませんが、人災による余計な犠牲が出ないように、教訓を活かすのはもちろん、危機管理意識やモラルを高めていきたいものです。


今日は雲仙普賢岳火砕流から15年 - ニセモノの良心
http://soulwarden.exblog.jp/3174436
03/6月03日雲仙・普賢岳
http://www.geocities.jp/kushiki_fire/2003/03603fugen.html
愛の雲仙普賢岳大火砕流から15年 - 幕僚日誌Ⅲ
http://blog.livedoor.jp/gozonji/archives/50624690.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

激動の政局を笑うのは…

- 現状での受益者はどんな勢力?

 ほんの1・2週間ばかり前、新聞の社説などは憲法論議ばかりだったように思いますが、短期間に大きな問題が立て続けに起こり、世間の空気は一変しました。
 年金問題も大きかったとは思いますが、全ての国民が衝撃を受けたのは、やはり前農相の事件でしょう。このショックにより、憲法改正の話はすっかり勢いを失った観があります。

 参院選は、憲法を争点化できるのでしょうか。もしそうでない場合、9条ネットや共産党は存在感が薄くなり、選挙戦で不利になるかもしれません。

 もちろん一番ダメージが深刻なのは自民党です。とは言え党内政局で考えた場合、選挙に負けて困るのは安倍総理を中心とした現在の主流派です。それ以外の、自民党内で政権交代を望む非主流派は、この展開を歓迎し、選挙後に備えた勢力争いを活発化させているのではないでしょうか。
 仮に安倍内閣が退陣するとして、それが「失脚」という形だった場合、次の自民党総裁は安倍総理と考え方の近い人を擁立できるものなのでしょうか。安倍氏を降ろして麻生氏や中川氏を立てるべきと考えておられる右派系論客もおられるようですが、今の流れで行くとそれは難しいように思います。安倍政権とは全く違う方向性の新政権が誕生するかもしれません。

 また、前農相追及の前面に立っていた民主党・社民党などは、「自殺に追い込んだ」との批判も一部からは受けますので、必ずしも選挙で有利な状況ではないと思います。その影響の大きさも予想がつきません。

 ところで、私は前農相が自殺したとは信じておりません。自殺だとしても、少なくとも自発的なものではなく、何かのネタにより脅迫・強要されたのではないかと疑っています。

・ 憲法9条を選挙の争点にしたくない勢力
・ 農相が自殺しても被害を受けにくい勢力
・ 自民が大勝すると影響力が弱くなる勢力
・ 安倍政権下では活動が制約される勢力
・ 世論がどう転んでも安定した組織票を動かせる勢力
・ 政治不信による投票率低下を招きたい勢力
・ 裏の世界に繋がりを持っている勢力

 この辺を総合すると、何となく背景が見えてくる気がします。明確な証拠の無い陰謀論に過ぎませんが、世論が大きく傾く時はマスコミが威力を発揮しているのも事実です。マスコミが特定勢力の宣伝機関である事はもはや常識。一方的な報道には疑いの目を向けた方が良いと思っています。


改憲争点化、内容次第で協力困難に 参院選で公明代表
http://www.asahi.com/politics/update/0527/TKY200705270163.html

創価学会の公明党がボツボツ自民党と距離を置きだした - 風通庵-直言
http://blog.goo.ne.jp/fuzu-fuzu/e/ebf55d3f033b1d599d4fae1cce650089

2007年参院選候補予定者一覧
http://www.eda-jp.com/dpj/2007/2007s.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月29日 (火)

長崎市長選挙を振り返る

「一長さん、忘れない」 満席市民葬、深い悲しみに 
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagasaki/news001.htm
 「一長さんを一生忘れない」「よりよい長崎市を作らなければ」――。選挙運動中、2発の凶弾に倒れた伊藤一長・前市長の市民葬が営まれた28日、長崎市公会堂などの会場は、深い悲しみに包まれた。参列者からは、前市長の死を悼む声とともに、新たな街づくりへ向けた決意も聞かれた。

 市公会堂前には正午に記帳所が設けられ、市民らが次々と記帳に訪れ、午後2時の式開始時には、会場はほぼ満席に。

 昨年10月に開かれた「第3回核兵器廃絶―地球市民集会ナガサキ」の実行委員長を務め、式に参列した土山秀夫・長崎大名誉教授は「前市長の遺志を引き継ぎ、核兵器廃絶に向けた努力を続けることを誓う」と話した。

 一方、市民葬の映像が流された公会堂前の公園には、会場に入りきれなかった約150人が葬儀を見守った。「在外被爆者支援連絡会」共同代表の平野伸人さん(60)は「被爆者の支援策などでしばしば意見が対立し、苦言を呈したこともあったが、功績には敬服していた。いまだに亡くなったとは信じられない」と死を惜しみ、「市民運動の視点から、新しい市政をもり立てて行かなければいけない」と決意を新たにしていた。

 また、前市長の高校の同級生という長崎市片淵5、境民子さん(61)は「政治家になっても高校時代と同じように、明るく気さくに接してくれていた。前市長の功績を市民は絶対に忘れることはないでしょう」と語った。
(2007年5月29日  読売新聞)


 長崎市長銃撃事件と、その後の市長選挙から1ヶ月以上が経ちましたが、この選挙も強く印象に残っています。

 銃撃事件に関しては、これまでのところ暴力団関係者の私怨によるもの、との見方で落ち着いているようですが、選挙に影響を与えたため、様々な陰謀説も囁かれました。大きく分ければ田上派陰謀説と横尾派陰謀説。これもショッキングな事件だったので事件直後の報道から補充立候補、選挙戦、開票後の無効票騒ぎまでの流れに注目していました。そして不自然な点が多かった事から、今でも疑惑を持っています。

 目にした範囲での陰謀説の要素をざっと挙げてみます。

◇ 田上擁立陰謀説
 (役所ぐるみで裏金問題を隠滅?)
・ 圧倒的不利な条件だったのに当選、結果的に一番の受益者?
・ 職を辞しての立候補、実は勝てる体制が整っていた?
・ なぜ最初から立候補しないのか?横尾陣営と話し合ったのか?
・ 裏金問題に関与
・ 世襲の阻止はテロの肯定では?

◇ 横尾擁立陰謀説
 (媚韓・隠れ革新系首長擁立のクーデター?)
・ 弔い選挙、テロによりもたらされた鉄板で勝てるお膳立て
・ 事件・選挙に関する報道体制が妙に充実、夫婦とも報道関係者
・ 出馬会見は笑顔、落選会見は深刻な表情・嫁からは恨み言?
・ 親韓・ヤクザ小説愛好家・自虐歴史観・大阪出身・西日本新聞社
・ 銃撃犯は暴力団員(在日韓国人説あり)

 私はこの選挙に関しては、当時の掲示板で怪しい動きを目にする機会に恵まれましたので、自分なりにおぼろげな陰謀説を持っています。(詳しくは言いません。)
 それはともかく、どちらに疑惑を感じる方にも気に留めて頂きたいものがあります。長崎新聞から示された投票動向のデータです。

Nagasaki_1
http://www.nagasaki-np.co.jp/press/senkyo/date/2007/touitu/nagasaki.html

傾向:
 横尾氏 ← 自民・公明
 田上氏 ← 民主・社民・無党派層

 こうして見ると、立場的に噛み合っていない印象を受けるのではないでしょうか。
 やはり特定団体の組織票よりも、各候補の持つイメージで動く一般市民の票が、この選挙の鍵だったのだと考えられます。

 もし陰謀があったのだとすれば、普段から「宣伝すれば世論を誘導できる」との考えを持っていて、実行できる(している)立場の人が動いたのかもしれません。

 「非核を訴えていた長崎市長」銃撃事件は、繰り返し伝えられ、全国の選挙にも、参院選に繋がる改憲論議にも影響を与えたようです。犯行そのものについては、取るに足りない暴力団員の凶行の一つとして断ずる事もできるでしょう。しかし、結果として一地方都市の事件が、全国展開する特定の陣営にとって効果的な宣伝になったのも事実です。今後もこの悲惨な事件は利用され続けるのかもしれません。

 テロ事件を宣伝に使うのは、テロ行為に荷担するのと同じ事です。それで効果が出るのなら、テロ行為はいつまでも無くなることはないでしょう。


関連資料

興奮しやすい「良識的」マスコミの恐ろしさ - 玄倉川の岸辺
http://blog.goo.ne.jp/kurokuragawa/e/a4261b916fdbf9b1b5175b2cf032c49c
長崎市民の底力示した市長選 - 長周新聞
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/nagasakisiminnosokotikarasimesiasityosen.htm

◆ 横尾氏に否定的
長崎と夕張市長選挙 - 異議あり!
http://blog.goo.ne.jp/kitaakari1948_1948/e/1028cff9f0e83f3e8f13e7eab45e0a97
後半の選挙雑感 - Absenteの酔いどれblog
http://blog.so-net.ne.jp/absente/2007-04-24
長崎市長選 長女号泣も市民世襲NO - ボヤッキーでトンズラーな日記
http://pub.ne.jp/shadow/?daily_id=20070425

長崎市政の私物化は御免である! - キンシロー日記
http://www.n-seikei.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=322

◆ 田上氏に否定的
どこか腑に落ちない長崎市長選 - とりあえずガスパーチョ
http://www.mypress.jp/v2_writers/gazpacho/story/?story_id=1599375
【長崎市長選】テロに褒美を与えた田上氏は立候補すべきでなかった
http://blog.livedoor.jp/tuigeki/archives/51534075.html
伊藤長崎市長暗殺後の推移(田上氏当選)は、シナリオ通りではないのか?
http://www.asyura.com/07/senkyo33/msg/867.html
長崎市長選における「世襲批判」への疑問 - 橘正史の考えるヒント
http://hanatatibana.cocolog-nifty.com/hibizakkan/2007/04/post_de29.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変死事件と第4の権力

ZARDの坂井泉水さんが転落死
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070528AT1G2800U28052007.html

松岡農相が自殺、現職閣僚では戦後初
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070528AT1G2802128052007.html


短時間の間に連続して、著名な二人の日本人がお亡くなりになりました。

ZARDのボーカリスト坂井泉水さん
松岡利勝農林水産大臣

とても悲しいです。故人の御冥福を祈ります。

今回は故松岡氏について思った事を書いてみます。


 批判の声が大きいですが、農水省では、次のような興味深い政策も推進されていました。(勿論他にも諸々ありますが)

  •   残留農薬のポジティブリスト制度により汚染作物の流通を抑える
  •  加工食品品質表示基準における加工食品の原料原産地表示の品目拡大
  •  日本食認定制度により海外における(真っ当な)日本料理店の地位を守る
  •  国産農林水産物・食品輸出促進(富裕層に対する高級食材のアピール等)
  •  山陰沖に国直轄の魚礁設置(韓国漁船による乱獲への対策)   

 食の安全に対する取り組みや、日本食認定制度は、特に東アジアの諸外国にとって目障りなものだったと思います。反日勢力によるネガティブキャンペーンの真の狙いは別にあったのではないでしょうか。
 農相が倒れたことで、これらの政策が尻すぼみにならないかと心配です。

 大型掲示板の関連スレッドでは、故人や関連政治家(両陣営)を貶める内容の、モラルの低い書き込みが多いですが、農相の不幸に日本人が喜ぶ要素は何も無いと思います。政府・与党にも野党にも有益な事はありませんし、何より国にとっては農水行政の機能低下、日本の印象悪化等で、国力が削がれることになります。まして人が亡くなってるのに、この事件を嘲笑う人たちが同じ日本人とは思えません。(単にふざけている人だけでなく、本気で喜んでいる人がいるように見えます。)


 事務所費の問題では違法性は無かったのに、野党・マスコミは人格攻撃で執拗に追及の姿勢を見せました。しかしそれは的外れなものでしたから、政府・与党にも報道されてたほどのダメージがあったとは思えません。ご本人も疲れがあったとしても不安や強圧は感じていなかったのではないでしょうか。
 緑資源機構関連についてはまだ良くわかりませんが、安倍総理が問題視していなかったところから、致命的な問題ではなかったと考えています。
 表面的には、死を選ぶ理由があったとは思えません。

 いつ頃からか日本では、政治家が何かとスキャンダルを騒がれて辞職するケースを多く目にするようになりました。それに慣れてしまったせいか、些細な不祥事でも辞めるのが当然という風潮が出来てしまい、マスコミが煽りさえすれば政治家を失脚させる事ができる世の中になったように思います。安倍政権に対するネガティブキャンペーンは熾烈を極め、当初はある程度の成功を収めていました。そんな状況での故松岡氏の続投は、「マスコミによる支配体制を崩壊させるための戦い」と好意的に捉え、個人的には応援しておりました。不当なバッシングに耐えて頑張る故松岡氏の姿からは「いじめ」や「自殺」へのメッセージがあるようにすら感じていただけに、今回の事件は衝撃でした。本当に悔しく、悲しいです。

 私個人の印象では、これが自殺であるとはにわかに信じられないものがあります。でも他の変死事件と同様、真相がはっきりすることは無いかもしれませんね。

 自殺であっても無くても、「なんとか還元水」で作り上げられた悪役のイメージは、実体よりも遥かに大げさなものでした。「自殺の動機」がマスコミと反日勢力によって作られたと言っても過言ではありません。報道どおりの自殺であれば直接の原因を、他殺であれば自殺に偽装できる材料を準備した、マスコミの責任は重大です。今後もマスコミには厳しい目を向けていきたいと思います。

 後任の方が農水行政を力強く推進させていただくことで、故人の無念が晴れる事を願っています。


政治とカネ幕引き懸念 与党も説明不足指摘 松岡氏自殺 - asahi.com
http://www.asahi.com/politics/update/0528/TKY200705280439.html
↑この中で違和感の無いコメントは田中氏くらいでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

ペッパーランチ拉致暴行事件の報道

女性客に睡眠薬飲ませ拉致、乱暴 ステーキ店店長ら逮捕
http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070516/jkn070516013.htm
(Sankei WEB)

 大阪・ミナミのステーキチェーン店「ペッパーランチ」心斎橋店(大阪市中央区心斎橋筋)で、食事中の20歳代の女性客を拉致して乱暴したとして、大阪府警南署が強盗強姦(ごうかん)と逮捕監禁致傷の疑いで、同店店長の北山大輔(25)=大阪府泉佐野市=と店員の三宅正信(25)=大阪市西成区=の2容疑者を逮捕していたことが16日、分かった。

 2人は犯行を認めており、「女性をかこっておくつもりだった。インターネットでスタンガンや睡眠薬を購入し、店に来る女性客を物色していた」と供述している。

 調べによると、2人は9日午前1時過ぎ、同店で閉店作業を装って入り口シャッターを閉め、1人で食事中だった女性客に「逃げたら殺す」とスタンガンで脅迫。無理に睡眠薬を飲ませ、泉佐野市内の貸しガレージまで車で連れ去り乱暴した上、現金約5万5000円入りの財布を奪った疑い。店内にはほかに客はいなかった。2人は制服姿のまま犯行に及んでいた。

 女性はその後もガレージ内の車の中で手足を縛られ監禁されていたが、同日午前9時過ぎ、自力で脱出し、通報。南署に被害届を出した。南署員が店で何食わぬ顔で勤務していた2人を任意同行した。

(2007/05/16 15:40)


 被害者は脱出できなかった場合、その後どうなるはずだったのでしょうか? 被害者が犯人の身分を知っている以上、解放すれば通報されて捕まる可能性が高い事を犯人もわかっていたはず。ならば永遠に監禁するつもりだったのでしょうか、それとも・・・?

 事件のあった心斎橋店は閉鎖され、看板等が取り外された状態との事ですが、他の店舗は平常どおりに営業が続けられているそうです。

 これほどショッキングな事件なのに報道の扱いが極端に小さい事(NHKに至っては完全スルー?)の他、不自然な点も多い事から、ニュース速報+@2ch掲示板では同一ソースのスレッドが51本を数える程の盛り上がりを見せ、まだ残る関連ニュースのスレッドは書き込みの勢いが収まりそうにありません。

 徹底した捜査による事件全容の解明と、続報に期待したいと思います。



女性客拉致・強姦】 被害女性「男が4人ほどいた」と証言…ステーキ店「ペッパーランチ」店長・店員の他に共犯者か★51
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1179668915/

強盗強姦:女性客を監禁、容疑のステーキ店長ら逮捕 大阪
毎日新聞 2007年5月16日 21時26分 (最終更新時間 5月16日 22時36分)
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070517k0000m040108000c.html

入社9カ月で店長になったペッパーランチ強姦魔
5月20日10時0分配信 日刊ゲンダイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070520-00000016-gen-ent

■THE ワイド
http://www.youtube.com/watch?v=HZeeyrIJZKI
http://www.youtube.com/watch?v=REuakrwdy84

■ムーブ!
http://www.youtube.com/watch?v=8OaMJP5J5TI

■ペッパーランチ心斎橋店 女性客拉致強姦強盗事件 まとめ
http://www22.atwiki.jp/pepper_rape/

■まとめフラッシュ(とレポート・まとめページ)
http://damepo-tour.net/sarashiba/pepper.htm

(2007年05月17日(木) 大阪ミナミの強姦レストラン)- 江草 乗の言いたい放題
http://www.enpitu.ne.jp/usr4/bin/day?id=41506&pg=20070517

| | コメント (0) | トラックバック (1)