文化

2007年7月13日 (金)

御霊祭

 著名人の献灯が話題になったりする靖国神社みたままつり
 今日から16日まで開催されるようです。

 せっかくですので、この機会に靖国神社や遊就館を訪れて、その実態を知る人が増えて欲しいと思います。現場の雰囲気に触れてみると、ネガティブなイメージが主流であるかのように報道される現状が、不自然である事に気付くと思います。
 現地の人たちにとっては、近所の神社のお祭りという感じで、しがらみ無く楽しんでいるように見えます。必勝祈願(?)などでお参りするのもアリなのかもしれません。

写真満載の参考リンク
みたままつり2004 - 桜 さくら サクラのホームページ
http://www.geocities.jp/yamazakura_c/mitama2004/intex1.htm

 マスコミは安倍総理や小沢代表、綿貫代表の提灯について軽く報じただけのようですが、提灯がOKで真榊がNGという事なのでしょうか。どうも基準が理解できません。単に選挙前に有権者を刺激したくないだけなのか、与野党で態度が同じだった事に戸惑っているのか不明ですが、自分の都合に応じて神社を世論操作・政治利用のネタに使うのは終わりにして欲しいものです。

参考リンク
安倍首相:靖国神社の「みたままつり」にちょうちん奉納
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070714k0000m010047000c.html

 ところで小沢代表は、かつてこのような発言をされていました。
「そもそも、あれ(A級戦犯)を祭るのが間違い。(分祀は)できます。簡単にできます。政権とったら、すぐやります」

参考リンク
【政局】小沢新代表、靖国神社「分祀はできる」 手詰まりの対中韓外交に「自分なら解決できる」とアピール
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1144568561/

 小沢氏の考えは今でも同様なのでしょうか。
 戦犯合祀が良かったかどうかは、判断の分かれるところかもしれませんが、宗教団体の神様の祀り方について、政治が口を出すのは間違っています。靖国神社が一宗教法人である現状、運営に関しては神社側の判断に委ねるべきだと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックでランキングに御協力いただけると助かります。


記事引用

安倍首相:靖国神社の「みたままつり」にちょうちん奉納

 安倍晋三首相は13日から始まった靖国神社(東京都千代田区)の「みたままつり」にちょうちんを奉納した。肩書はなく「安倍晋三」と名前だけ書かれたものが他に奉納した約90人の国会議員のちょうちんとともに境内に並べられた。初穂料(奉納金)は一灯1万円で、私費から奉納した。

 首相は今年4月の例大祭に、神前に供える真榊(まさかき)料を「内閣総理大臣」名で私費(5万円)で奉納した。

 小泉純一郎前首相も、首相在任中に「小泉純一郎」と書かれたちょうちんを奉納していた。野党党首では、民主党の小沢一郎代表と国民新党の綿貫民輔代表が「衆院議員」の肩書を明記したものを奉納した。【高山祐】

毎日新聞 2007年7月13日 19時23分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

焼失した二世紀弱

日本の歴史・文化を守る事は日本を守る事につながります

Photo_2

 川崎市麻生区で神社の拝殿と本殿が全焼した放火事件は、信仰的・地域的・個人的に繋がりも無い私でさえ、何とも寂しい気持ちになりました。地元の方やお参りした経験のある方の落胆は、いかほどのものだったでしょうか。

 日本人的な感覚として、神社など燃やしたら罰が当るような気がして、とても実行できるものではないと思うのですが・・・。

 大勢の人たちの信仰の対象としての重みも勿論ですが、180年もの歴史的な重みは、たとえ莫大な財力や最先端技術があっても元に戻す事はできませんし、新たに同じ価値の物を作り出すこともできません。歴史的な重みのある建造物は、信仰を超えて地域の人の団結力の源泉の一つになっていると思います。これを壊す事は地域の人たちへの裏切り、ひいては地域の集合体である日本を傷つける行為です。(実際、東京在住の無宗教な私の心もダメージを受けました。)

 木造の寺社仏閣は日本中に無数に散在していますが、同じような管理体制のものは、その気になれば悉くを一晩で破壊する事が可能だと思います。そのような事態になれば、多くの人が心の拠り所を失うだけでなく、地域の文化的価値や経済が被る損害は計り知れないものになるでしょう。ですから日本に対して悪意を持った勢力が破壊活動を行うには、有効な目標となりうると思います。
 再発防止のために施策を講じていただきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックでランキングに御協力いただけると助かります。


記事引用

神社全焼:放火の51歳男を逮捕 親類に恨み 川崎
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070627k0000e040045000c.html
 神奈川県警麻生署は27日、住所不定無職、秋山洋一容疑者(51)を放火容疑で逮捕した。

 調べでは、秋山容疑者は26日午前11時50分ごろ、川崎市麻生区王禅寺の琴平神社の拝殿にライターで火をつけ、木造の拝殿と本殿計約140平方メートルを全焼させた疑い。「軒下に火をつけた」と容疑を認め、以前この神社に勤めていた親類に恨みがあったと話しているという。秋山容疑者は16日に刑務所を出たばかり。

 焼失した拝殿は江戸時代後期の1826年建立で、天井には花鳥山水を描いた63点の絵があった。【杉埜水脈】

毎日新聞 2007年6月27日 12時00分


関連リンク

ようこそ!琴平神社へ
http://www.kotohirajinja.com/
琴平神社参拝 - msnみんなの国内旅行記
http://4travel.travel.msn.co.jp/e/msn/traveler/emuemu/album/10120753/
琴平神社の紹介
http://www.komazawa.net/HP1/kouza_hp/konnpira/Daikann.htm
麻生の琴平神社本殿・拝殿全焼 火の気なく 不審火か
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20070627/CK2007062702027526.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

死者をしのぶ行為は個人の心の問題

 数日前の朝日の天声人語に興味深い記述を見つけたので引用してみました。

 正直なところ全体の内容はどうでも良い(失礼)のですが、最後の段落が傑作でした。朝日新聞の執筆陣も、靖国神社への小泉前首相の態度に共感するようになったのでしょうか。安倍総理による参拝時にどんな社説を書いてくれるのか興味深いところです。


天声人語 2007年06月25日(月曜日)付
http://www.asahi.com/paper/column20070625.html

 欧州に住んでいた女性の話である。6年前の夏、日本の母親が信号無視の車にはねられ、急死した。一番早い飛行機と新幹線で帰郷し、スーツケースを引きずって斎場に駆け込むと、火葬が始まっていた。後日、実家の洗面所で母を見つけ、そっとティッシュにくるむ。ブラシの毛髪だ。

 横浜市で開かれた葬祭見本市で、「手元供養」の商品群を見た。たとえば、遺骨や遺髪から合成するダイヤモンドは、炭素の結合力を故人とのきずなに見立てる。遺骨と石の原料を溶かして飾りにする業者は、工程を遺族に見せるという。

 「愛する人たちとの死別に比べれば、他のことはいずれも、人生で取るに足らない」。物理学者の米沢富美子さんは『二人で紡いだ物語』(朝日文庫)で、夫との別れをこう書いた。

 風になると思えば、いくらかは安らぐ。でも、「人の世の悲しみをよそに、自然は容赦なく営みを継続し、春がゆき、夏が来ようとしている」(同書)という心境になれば、愛する人の「かたち」を欲することもあろう。

 日本の死者は03年に年100万人を超え、葬祭関連の市場も膨らんでいる。一方で、介護や医療の負担もあって、葬儀1件あたりの出費は減る傾向という。都会では、お墓や仏壇が縁遠くなりつつある。

 死者をしのぶ行為は本来、すぐれて個人の心の問題だ。しきたりや世間体を離れ、簡素でも自分に正直に、気が済むようにすればいいとも思う。私事にわたるが、冒頭の話は今回、手元供養をめぐるやりとりの中で、妻から初めて聞かされた。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックでランキングに御協力いただけると助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

今度は靖国らしい

 韓国系社会と中国人コミュニティが共同して、全米で「日本靖国神社反対キャンペーン」を実施するとのこと。煩わしい話ですが、また文化の違い、文化の大切さについて考えるには良い機会かもしれません。

 慰安婦で何回謝っても「一度も謝ってない」と言う人たちですから、全く信用できません。A級戦犯を分祀したら、次はBC級、次は・・・と踏み込まれて、やがては皇室・国旗・国歌・日本語に至るまで、戦争に絡めて手を加えようとするでしょう。半島出身者の分だけでも同じ事、外圧による干渉の前例を作るのは危険です。
 靖国問題が近隣諸国との関係を深刻に悪化させる事が無いのは、小泉前首相が証明済みです。日本の文化を守るために、一切の譲歩はするべきでないと思います。

(もっとも外圧の有無にかかわらず、宗教団体の内部事情に対して、政治的にどうこうできるものではありませんが。)

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックでランキングに御協力いただけると助かります。


記事引用

【米国】韓国系・中国系団体、慰安婦問題の次は「反靖国神社キャンペーン」を全米で実施へ
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1182686711/

■「靖国神社反対」 … 日本の不道徳性を知らせる
  ~韓中団体が共同キャンペーン

韓国系社会と中国人コミュニティが共同して、全米で「日本靖国神社反対キャンペーン」を実施する。

「靖国反対共同行動韓国委員会」(李ヘハク代表。以下「靖国反対委」)は今月21日にロサンゼルスで記者会見を開き、日本政府の非道徳性と靖国神社の実態を知らせるために全国で靖国神社反対署名キャンペーンを展開する、と表明した。

靖国反対委の李ヘハク共同代表は、「東條英機などA級戦犯らの位牌が保管されている靖国神社への参拝を続けている日本は、戦争犯罪に対して一度も真剣に謝罪したことがない。靖国反対運動を通じて、日本の非道徳性を全世界に告発する」と明らかにした。

全米の韓国系キリスト教界を筆頭にロサンゼルスとニューヨークの韓国系団体が参加し、従軍慰安婦賠償訴訟を先導した中国系諸団体も協力する靖国神社反対運動は、神社内に保管されている約2万の韓国人位牌の分祀のためのキャンペーンを集中して行なう。

韓国・日本・中国の市民団体で構成された靖国反対委は、今年11月にニューヨークの国連本部前で大規模抗議デモを起こすことを決めたほか、靖国問題を国連人権委員会の議題に上程して日本の非道徳性を告発する計画だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

理解されなくても諦めない

日本の立場(安倍総理の対応) :
 戦時体制下に不幸な状況をつくり出した事を反省している
 客観的な事実に基づかない謝罪要求は受け入れられない

対日非難決議案 :
 日本は反省していない
 云々


「慰安婦強制の文書ない」日本の国会議員ら米紙に広告 - asahi.com
http://www.asahi.com/politics/update/0615/TKY200706150143.html

 日本の有志(国会議員44人や言論人ら)がワシントン・ポスト紙への慰安婦問題に関する全面意見広告を出す事に成功しました。日本人の一人として素直に嬉しく思います。国益のためとは言え、個人的な見返りの無い、自腹での活動でしょうから頭が下がります。ありがたい事です。

 これを米国下院における対日非難決議案と結びつけて考えた場合、逆効果だとする意見もあるようですが、下院の決議は些細な事で、そこに拘っていると本質を見失ってしまいます。
 重要なのは、より多くの人に真実を知ってもらう事、少なくとも日本側の主張を伝える事です。読んだ人の中には、おかしいと感じて、詳しく知ろうとする人もいるでしょう。あちら側の情報ばかり蔓延している現状において、双方の主張を公平に判断してもらう土台を作るためには、今回の動きに一定の効果があると信じます。


 歴史問題は外交や政治の問題ではなく、学問の分野の話です。「首相が謝罪したからもう手遅れ」などと(何故か)勝ち誇る人も見かけますが、政治家の言葉に歴史事実を認定する力などありません。歴史は歴史、政治は政治です。何かと権威を持ち出して言論封殺を図ろうとするのは、子供のけんかの裁定に親を連れてくるのに似て見苦しいです。

 とは言え、政治問題化したら対応せざるを得ません。しかし、基本的には外交ルートの俎上に乗るまでは国内問題です。下院で審議してる段階では、日本政府の出る幕ではないと思います。それでも何かと問題化させたがる勢力がいるようで困ったものです。

 たとえ河野談話に軍関与や謝罪の言質が含まれていても、それは「全ての」戦時性暴力が軍主導で計画的に行われた事を認めるものでは有りません。似非日本人には理解できないかもしれませんが、談話を良く読めば、河野談話継承と狭義強制性否定が必ずしも矛盾するものではない事はわかるはずです。

 米国人にその論理が理解できないのは、訳語の問題ではなく文化の違いによるもの、味覚の違いのようなものです。文化の違い=悪ではありません。理解できないなら無理に理解してもらう必要も無いでしょう。我々にやましい事はありませんから、粘り強く主張を繰り返すだけです。わかってもらえないからと言って、相手のレベルに合わせるために、こちらが欧米式に変化する必要はありません。もっと日本式のスタイルに自信を持つべきです。逆に日本式のやり方を、世界に広めるくらいの気概を持っても良いくらいです。

 まあそれ以前に、国交回復時に解決済みの問題ですから、今さら新たな合意など目指して欲しくないのが本音ですけどね。ともかく自国の歴史を政争の具にするような、愚かしい真似は慎むべきでしょう。


 今回の広告は、安倍総理の歴史観及び慰安婦問題への対応と、大筋の方向性は同じものだと思います。
 ところが、どうしても総理が謝罪したことにしておきたいのがマスコミです。この広告の話題も放ってはおかないでしょう。また総理にコメントを求めて河野談話継承発言を引き出し、一節を切り取って「謝罪」「謝罪」と騒ぐ事が容易に想像できます。またそれに乗って「台無し」「ヘタレ」と罵る人が一定数はいますから、支持率がまた下がる事でしょう。曲解宣伝するマスコミにも困ったものですが、新聞などから真実を読みとれない人が多いのも悲しい事です。

 この流れから、参院選を前に、自民党にはさらなる逆風が吹きそうです。しかしそれを覚悟の上で広告掲載に踏み切った、自民党議員の有志達には拍手を送りたいと思います(おそらく官邸の許可も得ているでしょう)。党利党略を超えた、日本人のための活動が、今後も継続されることを期待します。私も微力ながら、情報を発信していきたいと思います


元「慰安婦」ら国会前抗議 - 赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-06-15/2007061514_02_0.html

 ところで、以前にも触れた共産党の吉川春子議員などは、相変わらず外国人の元慰安婦の側に立った活動に励んでおられるようです。こちらも今動けば参院選には不利になりそうな話ですが、選挙などお構いなしに信念で突っ走る態度には、政治家として光る部分がある事を認めざるを得ません。
 でも世界よりもまず日本人の気持ちを大切にして活動された方が、もっと支持者を増やす事ができると思います。個人的には共産党にも、その方向で努力していただきたいと願っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←クリックでランキングに御協力いただけると助かります。

追記
「河野談話」の白紙撤回を求める署名運動が有志により始められたそうですので紹介しておきます。詳細は次のリンク先で。

http://kounodanwa.com/

 個人的には、(日本人的な)河野談話には問題も多いですが利用価値も有ると考えています。3/16に強制性否定を閣議決定した現状なら、直接の害は無くなりましたから、それほど急がなくても良いはずです。ある程度情勢が落ち着くまでは安倍方式を継続し、タイミングを見計らって上書きする形が良いと思っていますので、自分の署名は保留中です。何せ日本も内閣も課題が多いですしね。
 まず談話破棄から、ではなく慰安婦問題の真相を十分に知らしめてから破棄、という順番にしないと、よりバッシングが大きくなる可能性が高いと思います。

 それともう一つ、諸悪の根源が河野談話だというのは間違いです。河野洋平氏も国を売ろうと思ってそんな談話を発表したわけでは有りません。あくまで受難者への思いやりや韓国との協力関係を重視しての事で、その姿勢自体は責めるべきではないと思います。もちろん河野氏も結果責任は逃れようもありませんが、最も悪いのは日本を陥れようと画策した当時の韓国政府、そしてそれを悪用し続けようとする勢力です。談話を破棄して河野氏を追及すれば終わる話では有りません。目標を見誤って真の敵を逃さないように気をつけて欲しいと思います。


記事引用

「慰安婦強制の文書ない」日本の国会議員ら米紙に広告 - asahi.com
2007年06月15日11時43分

 従軍慰安婦問題をめぐり、日本の国会議員有志や言論人らが14日付の米紙ワシントン・ポストに「旧日本軍によって強制的に従軍慰安婦にされたことを示す文書は見つかっていない」と訴える全面広告を出した。

 島村宜伸元農水相、河村たかし氏ら自民、民主両党の国会議員ら計44人のほか、ジャーナリストの桜井よしこ氏、岡崎久彦・元駐タイ大使らが名を連ねている。4月下旬の安倍首相の訪米に合わせ、韓国人団体が同紙に「従軍慰安婦の真実」と題した全面広告を出したのに対抗し、「事実」という見出しをつけた。

 広告では、旧日本軍の強制を示す文書がないと主張し、逆に「強制しないよう民間業者に警告する文書が多く見つかっている」と訴えた。インドネシアで一部の部隊が強制的にオランダ人女性を集めるなど「規律が崩れていたケースがある」ことは認めたが、責任者の将校は厳しく処罰されたと説明している。

 そのうえで「慰安婦はセックス・スレーブ(性奴隷)ではなかった」と主張。公娼(こうしょう)制度は「当時の世界では普通のこと」として「事実無根の中傷に謝罪すれば、人々に間違った印象を残し、日米の友好にも悪影響を与えかねない」としている。

 米下院では、日本政府に謝罪を求める決議案が提出され、共同提案者が130人に達しているが、外交委員会や本会議の採決には至っていない。


参考リンク

★厳選!韓国情報★
ワシントンポスト紙に全面広告掲載「慰安婦は売春婦」「政府・軍の強制は無かった」「将官より高収入」

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/51cbb1de100c1de34b57b42a4cb04b18
慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/kono.html
【政治】軍の強制連行の証拠ない 慰安婦問題についての社民党・辻元衆院議員への答弁書閣議決定
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1174017051/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

翁のお参り

第三者の理不尽な仕打ちにより、
大切な人に会う事を阻まれたら、
誰だって不快な気持ちになるでしょう。

その事で身近な人たちがケンカするなら、
悲しい事です。

優しい人であれば、涙を飲んで
引き下がる事もあるでしょう。

穏やかな営みを壊した第三者に対し、
表向きは不満の一つも言えず、
大切な人に会えないまま終わりが来たら、
どれほど寂しい事でしょうか。


「ようやく兄の冥福を祈ることが…」李氏が靖国参拝の感懐
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070607ic28.htm
 台湾の李登輝前総統は7日、都内のホテルで「二〇〇七年とその後の世界情勢」と題して講演、終了後の質疑応答で、兄の慰霊のため靖国神社を参拝した感懐を改めて語った。

 李氏は参拝について、
「残り少ない一生だけど、ようやく兄の冥福(めいふく)を祈ることができ、やるべきことをやったという気持ち」と感慨を語った。

 また「私の父は12年前、98歳で亡くなったが、死ぬまで兄の戦死を信じなかった。そのため、兄の位牌(いはい)もなければ、墓もなかった」と、これまで兄の慰霊ができなかった事情を説明。靖国神社に対しては、「自分ができなかった慰霊を、靖国はやってきてくれた」と謝意を表明した。
(2007年6月7日20時44分  読売新聞)


 李登輝氏(84)がお元気なうちに、ご家族の慰霊を実現された事を、私も嬉しく思います。

 今では一つの神社に過ぎない靖国神社。信仰心だけでなく、強い思い入れで大切にしている人も多いですね。いろいろと政治問題化されがちですが、靖国のことは靖国愛好家?に任せておいて、靖国嫌いな人は靖国を無視すれば良いと思います。牛を食べたくなければ食べなければ良いし、ワグナーを聴きたくなければ聴かなければ良い。それと同じ事だと思います。

 宗教の教義に異教徒が口を挟むのもおかしな話です。そして何より、外国の一部の人から批判があるからと言って、日本人同士が争うなんて悲しすぎます。

 また、日本人が悲惨な戦争を忘れないためにも、靖国神社には一定の価値があるのではないでしょうか。
 神社は日本の文化の一つでもあります。やたらと手を加えて別な物に作り変えたり、壊してしまうことのないようにして欲しいです。


靖国問題に火を付けたのは報ステの加藤千洋だった! - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=KT-Dj8agc4Y
「A級戦犯」が祭られているから公式参拝反対という理由の欺瞞
http://d.hatena.ne.jp/boutarou/20060812/1155377498
星空の下で: 靖国に戦犯はいない
http://understarrysky.seesaa.net/article/16787717.html
日本李登輝友の会
http://www.ritouki.jp/

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月31日 (木)

Take it easy

「平和度指数」世界ランキング、日本はG8最高の5位
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070531i402.htm

 【ロンドン=本間圭一】英誌エコノミストの調査部門EIUは30日、世界121か国を対象にした「平和度指数」を初めて発表、日本は主要8か国(G8)では最高の5位にランクされた。1位はノルウェーで、最下位はイラクだった。

Click here to find out more! 平和度指数は、犯罪傾向や軍事費の国内総生産(GDP)比など全24項目を比較、各国で平和が実現されている程度を今回初めて数値化した。日本は第二次世界大戦後、隣国とは緊張関係にあるとされたが、政治的に安定し、治安が良好な点が評価された。

 G8では、英国が49位、米国は96位、ロシアは118位だった。このほか、上位ではニュージーランドが2位、デンマークが3位。下位では、イスラエルが119位、スーダンが120位だった。また、北朝鮮はデータ不足のため、調査対象外としている。

(2007年5月31日12時41分  読売新聞)

 様々な基準や見方がありますからでランキングに拘る必要は無いのですが、良いニュースだと思いましたので一応。捕鯨国仲間のノルウェーが1位というのは何となく勇気付けられます。(関連は無さそうですが。)

 日本は戦争に負けて国力を落としただけでなく、東京裁判で必要以上に地位を貶められましたが、戦後の歩みは海外で正しく評価されているようですね。記事中の「隣国とは緊張関係にあるとされたが」というマイナス評価は、隣国の政治的な都合による部分が大きいです。隣国の難癖が無ければ、もっと評価は高かったのかもしれません。

 日本国内では何かと「××しなければ海外からの信頼は得られない」として日本の譲歩(?)を求める主張を目にしますが、無理して何かを犠牲にしてまで、これ以上の信頼を得る必要があるのかという疑問もあります。

 一概には言えませんが、日本も評価を得る目的で頑張ったと言うより、自分なりの高みを目指して努力した結果が評価されただけではないでしょうか。周りを気にして目標を見誤るとおかしな事になりそうです。

 人間だって余り完璧を求め過ぎると、ストレスで苦しむ事もあります。幸せの基準は人それぞれですが、世間体と自分の本当にやりたい事のバランスを取って、程々にしておくのが良いのかもしれません。


ついでに某掲示板で見かけた投稿を拾ってコピー

131 :名無しさん@恐縮です:2007/05/31(木) 22:50:59 ID:C/NlNddK0
    世界で最も歓迎される観光客は日本人――米最大手の旅行サイトを
    運営するExpediaがこのほど実施した、観光客の評判に関するアンケート調査で、
    こんな結果が出た。日本人はマナーやエチケットをよく守り、
    礼儀正しく慎ましいという結果だ。2位はアメリカ人で、最下位はフランス人だった。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070530-00000005-zdn_n-sci

   「平和度指数」世界ランキング、日本はG8最高の5位
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000402-yom-int

    世界の人々は中国がいずれ米国に匹敵する経済大国になると予想する一方で、
    中国や米国以上に日本に信頼を寄せている-。シカゴ・グローバル問題評議会と
    ワールド・パブリック・オピニオンの共同世論調査でこんな結果が明らかになった。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070530-00000045-jij-int

    【メキシコ市28日】当地で開かれていたミス・ユニバース世界大会は
    28日の最終選考会で、日本代表の森理世さん(20)を今年の女王に選出した。
    森さんは他の77人の各国代表を抑えての受賞。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070529-00000084-jij-ent

    【パリ=山口昌子】フランス南部カンヌで開催されていた
    第60回カンヌ国際映画祭は27日夕(日本時間28日未明)、
    最高賞「パルムドール」に次ぐ審査員特別大賞「グランプリ」に
    日本の河瀬直美監督(37)の「殯(もがり)の森」を選出して閉幕した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070529-00000019-san-int
 


参考資料

極東国際軍事裁判 flash
http://www.geocities.jp/teiiga/

日「どうして彼女が1位なの?」 - 中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=87957&servcode=700&sectcode=700

EnjoyKoreaの投稿記事
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&page=3&nid=2991846
↑下の方に出てくる写真のU.S.A.代表も捨てがたい。それぞれ魅力的ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

欧州で歓迎される日本の皇室

両陛下、英国を訪問、エリザベス女王との晩餐会も
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2231565/1635729
【5月29日 AFP】英国を訪問中の天皇、皇后両陛下は28日、オックスフォード大学(University of Oxford)のトリニティカレッジ(Trinity College)を訪問された。

 あいにくの小雨模様の中、トリニティカレッジを見学された両陛下は、学生やクリス・パッテン(Chris Patten)総長らと懇談された。パッテン総長は、英領下時代の香港で最後の総督を務めた。

 皇室からは皇太子さま、雅子さま、秋篠宮さまや、三笠宮さまと長女の彬子さまなどがオックスフォード大に留学されており、同大と皇室との縁は深い。

 トリニティカレッジの見学を終えられた両陛下は、同日午後、同市内の子どものためのホスピスを訪れた。同ホスピスは、不治の病を患う子どもたちに終末期ケアなどを行なう、世界で初めての施設。

 欧州訪問の最終地となる英国に27日到着された両陛下は、同日、在英邦人と懇談された。3日間の滞在中、29日には、ロンドンのバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)でエリザベス女王(Elizabeth II)やフィリップ殿下(Prince Philip)との晩餐会への出席も予定されている。

 また、魚類の研究者でもある天皇陛下は、同日、生物学者、カール・フォン・リンネ(Carolus Linnaeus)にちなんだ学会、リンネ協会(Linnean Society)を訪問し演説を行なう予定。

 両陛下は、1998年にも英国を訪問しているが、この時は、第2次世界大戦で日本軍との戦闘経験を持つ退役軍人らが、ロンドン市内をパレード中の両陛下の目の前で抗議活動を行ない、苦い訪英となった。(c)AFP


 欧州での皇室外交、国内での扱いは小さいですね。農相の後任人事の話題で触れられるまで、日本国の象徴が欧州歴訪中と知らなかった人も多いのではないでしょうか。
 しかし、現地ではトップニュースで伝えられ、大々的に歓迎されています。日本への関心も高まったのでは無いでしょうか。

2007年5月27日 (日) - 家族がいちばん
http://nonbe.way-nifty.com/blog/2007/05/post_66d2.html
今回の訪欧報道で気分が良かったのはリトアニアでのこの場面

 第2次大戦当時、多くのユダヤ人を救った日本の外交官の美談は今さら説明するまでもありませんが、こうして要人が史跡を訪れるだけで報道され、忘れていた人が思い出したり、周辺国で関心の無かった人が興味を持ってくれるだけで、日本に対して好感を持つ人が増えるかもしれません。

前段のバルト三国編は、こちらで詳しく紹介されています。
両陛下とゆくバルト三国紀行…美しき欧州の古都を巡る
http://dogma.at.webry.info/200705/article_25.html

 様々な形での外交のチャンネルがありますが、日本の皇室の権威から発せられる威力は今でも絶大なものがあります。皇室によるチャンネルの存在は外交上、日本にとって大変有利なものだと思います。特に王族の影響力が大きな国においては、日本の扱いは他国と一線を画すものだそうです。

大人の無法地帯 - 天皇の価値
http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html
のリンクやWikipediaによれば、天皇の国際的な権威は次の通り。

天皇 ≧ ローマ法王 > 英国女王他国王 > 各国大統領 >各国首相

 言わば「日本の皇室」は世界でも最高級のブランドです。これはどんなにお金を積んでも手に入らない貴重な財産です。

 日本人にも天皇制廃止論者の方がおられるようですが、せっかく持っている高級ブランド、みすみす棄ててしまうよりも、存続させてブランド力を活用し、効率的に国民が利益を得る方法を検討する方が生産的ではないでしょうか。


天皇とは何か:女系天皇容認の危険性 - 好き勝手書くよ2
http://uiop.blog23.fc2.com/blog-entry-98.html
天皇と日王と法王と教皇 †
http://www.limber.jp/?%C5%B7%B9%C4%A4%C8%C6%FC%B2%A6%A4%C8%CB%A1%B2%A6%A4%C8%B6%B5%B9%C4
天皇、皇后両陛下:スウェーデンに到着 7年ぶりの訪問

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/koushitsu/news/20070522k0000m040134000c.html
天皇陛下:英語で基調講演 リンネ生誕300周年行事で
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/koushitsu/news/20070530k0000m040074000c.html
間接侵略は始まっている!
http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20060202/1138850633

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

忘れられていない八田與一

八田技師に褒章 没後65年、功績は永遠
http://ime.nu/www.hokkoku.co.jp/_today/E20070525001.htm
 台湾政府は二十五日までに、日本統治時代、台湾南部に烏山頭ダムと水路網を建設し、不毛の大地を穀倉地帯に変えた金沢出身の八田與一技師に対し、褒章を贈った。台湾総統府などによると、「厳しい時代に、新しく試みた水利建設で遅れた島に大きな業績を残し、こころざしの実現をはかるため仕事に専念、その栄誉は全台湾に及んだ」ことなどが授章理由となった。

 台湾の陳水扁総統は今月九日、台北市の台湾総統府で「八田技師夫妻を慕い台湾と友好の会」(金沢市)と会見した際、「八田技師が健在なら、政府と人民を代表して叙勲したい」と述べた。その際、友好の会側から「日本には亡くなった人に贈る追贈という考え方がある」と提案され、陳総統は「慎重に検討したい」と答えていた。

 褒章の授章理由では「農耕地の生産能力を大幅に拡大させるなど、嘉南平原の豊かで新しい一頁を開いた」「その大きな遺徳は模範となり、歴史書により伝えられてきた」などと八田技師の功績をたたえている。

 八田技師の長男で昨年五月に亡くなった八田晃夫さんの夫人・八田綾子さん(74)=愛知県春日井市=は「八田技師が亡くなって六十五年たった今も、台湾の人々が感謝の念を寄せてくれることをとてもありがたく思う。謹んでお受けしたい」と語った。

 友好の会の中川外司事務局長は「烏山頭ダム付近の出身で、八田技師に思い入れの深い陳総統から頂けたことに、大きな意味がある」と話した。
【5月25日15時35分更新】北國新聞


 八田與一技師にまつわるエピソードは胸が熱くなります。八田技師の業績云々ではなく、現地の人たちの義心と温かな心遣いに感銘を受けます。

Flash倉庫:台湾と八田興一
http://shupla.w-jp.net/datas/flash/yoichi.html

 心のすさんだ人が増えた今の日本、見習うべき点があると思います。「道徳や公共の精神といった損得を超える価値」とはまさにこういう事でしょう。
 これほど気持ちの良い台湾の人たちが、もし考え方の全く違う中国共産党の支配下におかれた場合、どれほどの弾圧を受けるのかと思うと心配でなりません。

中国の軍事費増、台湾解放のため 中国共産党の李常務委員
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1177750064/

 台湾と日本の良好な関係は永く続いて欲しいものです。
 また、中国が国家体制を刷新し、侵略も人権蹂躙も環境破壊もない、日本と価値観を共有できる国に変わる事を願って止みません。


台湾関係コラム 「八田與一技師」をアニメ化、演劇公演も 神奈川県 ...
http://rinnkennryou.blog24.fc2.com/blog-entry-1168.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

井川遥韓国人宣言と文化の重み

『水霊 ミズチ』 井川 遥、在日韓国人3世を明かす
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=72626
日本のホラー映画『水霊 ミズチ』でミステリアスな女性記者に扮し注目を浴びている日本最高の女優井川遥が、“チョ・スヘ”という韓国名を持った在日韓国人3世であると明かした。

97年にファッションモデルでデビューした井川遥は、純真そうな大きな瞳に小さな顔、167センチのか細い体の清純派美人で、男性ファンから熱狂的な人気がある。
彼女の写真集『月刊井川遥』は発売と同時に売り切れる異例の事態を巻き起こし、2001年には東京の原宿で『新世紀美女井川遥展』を開催して付近を交通麻痺させた。

2001年の10大ヒット商品に選ばれた「まろ茶」という緑茶飲料で「広告の女王」と呼ばれた井川は、2002年ドラマ『空から降る1億の星』で木村拓也から愛される財閥の娘を演じ、女性の羨望と嫉妬を一身に浴びてその人気を証明した。この作品は日本ドラマ歴代視聴率12位になるほど大人気で、韓国でも『日ド』マニアの教科書に選ばれている。

また井川はアイドルを脱するために演劇に挑戦し、2003年にはゴールドアロー賞演劇新人賞を受賞して俳優として認められた。

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1179920512/


「女優 井川遥 は在日韓国人だった-」 ちょっと驚き。

 芸能界は半島系の人が多いと聞いていましたので、この人の血筋を知った事での動揺はありません。しかし、帰化人でなく韓国籍のままだったというのは意外な印象を受けました。そこまで韓国にこだわるのならば、それをもっと前面に出して活動しても良いと思うのです。そうでなく、あくまで日本の女優として活躍したいのなら、なぜ韓国籍を続ける必要があるのでしょうか。実家が韓国籍だからとか、別に不便はないからとか言われそうです。おそらく騙すような意図はないのでしょうけど、何か釈然としないものがあります。

 そのあたりのメンタリティーはどうにも理解に苦しむのですが、だからといって日本側の考え方を押し付けることはできません。これはもう、文化の違いとしか言いようがありません。同じ日本に暮らしていても、彼女たちは別の国の人なのです。この生活習慣や考え方は在日韓国人にしか理解できない、言わば文化なのでしょう。異文化間の壁の厚さ・高さを改めて考えさせられました。

 在日とカミングアウトしたところで、女優としての評価が変わる事はありません。彼女のさらなる活躍に期待しつつ、差別的なバッシングが起こらない事を願っています。


 文化というのは大切なものです。日本にも特有な文化や習慣があります。これが欧米のスタイルと違うからと言って、悪いと考えるのは間違いです。外国に出て行った際は「郷に入りては郷に従え」が基本かもしれませんが、譲れない一線が有るのも事実。やたらと譲歩するのも考え物です。

 「日本的なやり方は海外では通用しない。理解されない。」との意見もありますが、料理や武道やコミックなど、日本発の文化が各分野で世界に認められている現実を思い出しましょう。もちろん古い風習の数々が海外で普及しているわけではないですが、そういう文化が日本にある事は理解されているはずです。わかってもらえない事でも「文化の違いだ」と強弁し続ける事で、受け入れらるかどうかはともかく「日本の文化」として認識させる事は不可能ではないでしょう。

 もちろん海外へ行ってわがままが過ぎれば相手にされなくなりますから、程々にしなければならない現実もありますが、日本国内の事にさえ文句をつける外国人がいます。そして言われるまま、日本のスタイルに手を加えようとする日本人たちがいます。卑屈になってばかりでは、日本の文化は全て破壊されてしまいます。

 もっと自分たちの文化に自信を持っても良いでしょう。
 もっと「日本流」を大切にするべきでしょう。
 この点だけは、在日韓国人たちの姿勢を見習った方が良いと思います。


誤解されるほど悲しいことはありません。
世界に誇る日本という国を大切にしたいものですね。- 東条由布子, 今井 千恵

http://www.chukeikyo.com/news/2006/08/post_2.html

従軍慰安婦問題 そろそろ気付かないと恥ずかしい - やじざむらい的日々雑感
http://yajizamurai.blog24.fc2.com/blog-entry-954.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧